読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ValueError

組み込み演算や関数が、正しい型だが適切でない値を受け取ったときに送られる例外。

raise

呼び出し元にエラーをあげ、そのエラー処理を任せる例外処理

import re

pythonで正規表現を使用する際に必ずimportするもの。reはregex(正規表現)の略。

スライス

スライスは、リストなどのシーケンスの要素を指定した方法で抜き取ることができる。 記述方法は以下 sequence[開始位置 : 終了位置 : ステップ幅] slice = ['aaa', 'bbb', 'ccc', 'ddd', 'eee'] print slice[ : :2] →実行結果 ['aaa', 'ccc', 'eee'] 開始位…

pythonのkeys()、items()、values()

辞書オブジェクト.keys() 辞書オブジェクトの全てのキーを要素としたリストを返す dict = {"ikeuchi":33, "andou":13} list = dict.keys() print list # ["ikeuchi", "andou"] 辞書オブジェクト.items() 辞書オブジェクトの(キー、値)の組み合わせを一つのタ…

pythonのラムダ(lambda)

ラムダ式(lambda)は、名前のない無名関数を作成できます。 lambda 引数 : 戻り値 これは、以下のdef関数と同様の処理を行います。 def 関数名(引数): return 戻り値 ※lambda式は、defステートメントと違い、変数に格納できる。 参考サイト 5. 式 (expression…

pythonのread

fというファイルオブジェクトが既に生成されているものと仮定すると、 f.read() は、ファイルの内容を全て読みだして返すメソッドです。 f.readline() は、ファイルから1行だけを読み取ります。 f.readlines() は、ファイルのすべての行をリスト形式で読み取…

pythonのwith構文

pythonのwith構文は with open('ファイル名', 'ファイルを開くときのモード') as 変数: (ファイルを開くモードは ' r ' や、' w ' など) で用います。as以下はなくてもいいです。 また、with構文は、withを抜けたときに.close()が自動で呼ばれます。

pythonのfor文

pythonのfor文は、 for 変数名 in オブジェクト: で記述する。 繰り返すたびに、forの後に指定した変数にオブジェクトの要素が格納される。

pythonのsplit

.split()は、引数で渡された文字で、左から文字列を分割し、リストに格納する。第二引数に分割数を指定することも可能。 また、.rsplitは右から文字列を分割する。

pythonのset

set 重複を許さないリストで、要素の順序を保証しない。 setは集合型で、集合型は他にfrozensetがある。setは要素の変更ができるが、frozensetは要素の変更ができない。