読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCM方式

PCM方式は、音声などのアナログ信号を、コンピュータ上で処理するディジタル信号に変換する方式のこと。PCM方式では、連続するアナログ信号を一定間隔で細かく測定し(標本化、サンプリング)、次に個々の測定値を決められたビット数のデータに変換する。測定間隔をサンプリング間隔、測定値の個々のビット数を量子化ビット数という。